看護と看護師

日々、看護師として働く上で大事なこと。

 看護と看護師について。 看護っていうのは何も注射、点滴といった医療行為だけの話ではありません。
精神面も、大事なことですよね。

 思いやりの心無く患者さんに接するのは、看護師として良いことではありません。思いやりの心を持ち、
患者さんのことを考えて接する。簡単なようでいて、本当は非常に難しいことです。当たり前のことほど
難しいというのは事実でしょう。その、当たり前のことを行い続けることが出来なければいけないわけです。

 また、患者さんに接するということから、人とのコミュニケーション能力も求められます。患者さんに
接することもそうですし、同僚や上司とのチームワークもそうですし。これは非常に重要なことなんです。

 人と意思の疎通が上手くいっていないと、それが原因で医療ミスになるなんてことも無いとは
言えませんから。尚、コミュニケーションとは言語的と非言語的に分けられます。前者は会話に
よってのもので、後者は態度や表情を読み取ることを言います。より重要なのは後者。
コミュニケーションの70%は非言語的によって占められているとも 言われていますから。

 医療行為を正確に行うことは当然必要ですが、その他にも色々と必要不可欠な能力は
あるのです。