潜在看護師とは

潜在看護師の数はなんと全国で55万人。看護師不足の今、復職を求められています。

 潜在看護師とは、資格も技術もあるけれども何らかの理由で看護師として働いていない人のことです。
結婚や出産で退職してしまった元看護師などのことですね。他にも、病気や体調不良などで職場を離れ、
そのまま復職せずにいるっていう場合もあるでしょう。

 そういう人達のことを潜在看護師と呼ぶわけですが、その人数はなんと全国で55万人ほどもいると
言われているそうです。日本は慢性的な医療従事者不足だそうですから、こういう潜在看護師が働いて
くれれば看護師不足は解消されるのかもしれません。

 ただし、これは理想としての話。実際に職場を離れた人が復職するっていうのは、容易なこと
ではありません。離れている間に進歩した技術などが全く分からない、そんな状態で復職して
やっていけるのか?っていう不安があるのは当然です。

 その為、現在は復職を希望する人の為の支援も徐々に充実して来ていると言ってもいいのでは
ないでしょうか。看護協会、各病院などで復職希望看護師などの為に実戦訓練をし直して
くれることもありますから。復職したいけども不安があるという人は、そういう復職支援をしている
ところから探し始めては如何でしょうか。

 新しく医療従事者を増やすことも重要ですが、支援も今の日本には大事なことだと
思います。