看護師の勤務形態

24時間を3つのパートに分けて、看護師はシフトを組んでいます。

 看護師の勤務形態は70%近くが3交代制、もしくは変則3交代制であり、30%程度が2交代制、もしくは
変則2交代制となっているそうです。3交代制というのは24時間を「日勤」、「準夜勤」、「深夜勤」の3つに
分けてシフトを組むことです。

 日勤は午前8時30分~午後4時30分。準夜勤は午後4時30分~午前0時。夜勤は午前0時~午前8時30分と
なっているところが多いそうです。

 また、申し送りと呼ばれる引き継ぎをする必要がある為、時間の始まりと終わりが30分程度、
他のシフトと重なることも珍しくありません。2交代制は24時間を「日勤」、「夜勤」に分けてシフトを
組むことです。

 単純に考えれば1日12時間労働ということになりますが、現状では当直込の16時間、8時間労働
という変則シフト状態になることも珍しくありません。当直は16時間勤務ということになりますが、
勤務途中で仮眠はとれます。一応、国は月に8回までと決めていますが、人手不足の状況では
8回を超えることもあるそうです。

 ちなみに、3交代制で書いた深夜勤に関しても月8回までとありますが、こちらも
守られていることは少なそうです。尚、準夜勤には3,500円程度、深夜勤には
4,500円程度が手当としてつくらしいです。

参考サイト

http://www.seikangoshi-tensyoku.com/
正看護師になるための国家試験の情報から収入アップを目指す就職・転職の際の求人の探し方までご案内する正看護師転職.COMです。看護師のキャリアアップを目指す方にもおすすめです。
www.seikangoshi-tensyoku.com/