看護師の労働条件

貴重な看護師を早期退職させないためにはどうしたらいいか。

 看護師の労働条件が、早期退職に繋がっているという話も結構聞きます。 つまり、条件が
よろしくないってことですね。高待遇でも止める人はいるでしょうが、 多くは労働条件に不満を
持って転職したり、退職したりするらしいです。

 ただし、これは看護師の側でも今一度よく考える必要があります。 隣の芝生は何とやらの言葉も
あるように、実際には大した違いはなくても 他所の方が自分の職場環境よりも良く見えることは
あるからです。

 ですから、仮に職場を変わりたいのならば、今の職場のどこに不満があるのか、 どこを改善したい
のかをはっきりと書き出してみては如何でしょうか。 そして、その不満は現在の職場では改善する
ことの出来ないものかどうかも 再検討した方がいいでしょう。

 ちなみに、雇用側から考えると、労働条件が原因の退職を防ぐ為には 先ずコンプライアンスを
遵守する必要があります。 労働時間の定義を曖昧にしておくことで、看護師の業務を労働とは
認めず割増賃金の支給を 怠ったりしていないでしょうか。不支給は労働基準法にも引っかかり
ますが、 看護師の精神面でもダメージを与えますから。

 更に、1人1人の負担を如何に軽くするのかも重要ですし、 労働条件が世間の
相場より極端に低くなったりしていないかも大事です。