看護師のキャリアアップ

5年ごとに資格を更新し続ける看護師

 看護師のキャリアアップについて。キャリアアップというと、 認定看護師になることでしょうか。
認定看護師というのは、 特定の分野において優れた仕事が出来る看護師ということなんです。
その認定看護師の分野は結構数が多いです。

 『救急看護』、『小児救急看護』、『認知症看護』、『乳がん看護』、 『がん化学療法看護』、
『がん性疼痛看護』、『がん放射線療法看護』、 『感染管理』、『緩和ケア』、『集中ケア』、
『新生児集中ケア』、『手術看護』、 『摂食・嚥下障害看護』、『透析看護』、『糖尿病看護』、
『皮膚・排泄ケア』、 『不妊症看護』、『脳卒中リハビリテーション看護』、『訪問看護』となります。

 もちろん、誰でも直ぐに認定看護師になれるわけではありません。 認定看護師になる為の試験を
受けるには保護師、助産師、看護師のどれかの免許を持っていて、 更に実務研修が5年以上で
あること。 このうちの3年は、なりたい認定看護師の分野での研修であること。

 認定看護師教育科目を受講して、日本看護協会の認定審査を受けて合格し、 登録申請を
行うことで認定看護師となれるわけです。

 また、認定看護師は5年ごとに資格を更新する必要があります。 更新には当然
審査があるので、生涯勉強し続けなければいけません。